お問い合わせ

新オフィス開設|小千谷市コミュニティマネージャー募集します!

  • 2022/1/19

 

あわえは持続可能な地域づくりのため、地域に寄り添い、地域づくりを後押しする、コミュニティマネージャーを募集しています。

 

■活躍の舞台について
 

今回の舞台は新潟県小千谷市。
全国有数の豪雪地であり、その雪解け水がもたらす美しい自然や田園のなかで小千谷縮や錦鯉など特有の文化や産物が育まれています。高い技術を有する製造業が集積し、多大な産業活動が息づくまちでもあります。

今年の初夏、新しいサテライトオフィス兼コワーキングスペースである「テレワークステーションおぢや」が誕生します。そこで、小千谷市のコミュニティマネージャーを募集いたします。

 
 

■なぜ、小千谷市に?

前述の通り、自然や産業の豊かなまちではありますが、一方で人口減少や高齢化が進み、産業全般の労働生産性の低下などの地域課題に直面しています。

そこで、地域課題を解決しつつ小千谷市に新たな人の流れを創出するべく、テレワークステーションおぢやを拠点に、あわえは小千谷市と協働でサテライトオフィス誘致に取り組むことになりました。伝統産業が抱える課題はありつつも、企業との連携に積極的な高校や地元事業者が多く、ともに小千谷市の地域課題解決に取り組むパートナー企業を探しています。
 

 
 

■小千谷市のコミュニティマネージャーとは?

少子高齢化や首都圏への人口集中、産業構造の変化により、地方の地域課題は山積みです。そんな地方に自らの身を置き、自分の肌で地域の魅力や課題を体感して、地域づくりに寄り添える、それがあわえの「コミュニティマネージャー」です。

 

「地方で暮らすことに興味はあるけど、面白そうな仕事がない・・・」

「地域課題解決や社会貢献に興味はあるけど、具体的に何をしていいかわからない・・・」

「地域の子どもたちと関わる、未来につながる仕事がしたい!」

そんな悩みや思いをお持ちの方、大歓迎です!

 

地方創生のリーディングカンパニーであるあわえは、これまで300に迫る自治体の地域課題解決を支援し、実績とノウハウを蓄積してきました。あわえでしか学べない知識やノウハウを活かして、私たちと一緒に地域を盛り上げませんか?
特に今回は、地元の高校生と一緒に地域ビジネスを考えるコミュニティを盛り上げることに重きを置いています。
子どもたちの関わる仕事がしたい方、経験は問いません、一緒に働きませんか?

 

■募集の詳細
【業務内容】
令和4年4月1日より新潟県小千谷市で暮らしながら、下記のような業務を行っていただきます。
・小千谷市に新設されるサテライトオフィス兼コワーキングスペースの管理、運営、利用促進
・施設の利用者及び入居企業の対応
・地域コミュニティづくり
・地域住民向けのイベント、セミナーの企画、運営
・サテライトオフィス入居希望企業との面談、視察対応
・サテライトオフィス進出支援、創業支援
・小千谷市での活動のPR
 
具体的には、小千谷市でビジネスをしたい企業と小千谷市役所の担当者さんを繋いだり、地域の方々(特に高校生)と交流を重ね、地域課題をヒアリングして解決策を一緒に探したり、高校生の挑戦をイベントを通して応援したり、といった業務になります。
 

【雇用形態・勤務時間・場所】
雇用形態:契約社員
勤務地:新潟県小千谷市内※テレワークステーションおぢや
(住所:新潟県小千谷市本町1丁目11番1号)
勤務時間:9時から18時(休憩時間:12時から13時)
休日:土、日、祝日、年末年始休日等

 

【求める人材・スキル】
・あわえのビジョン、行動指針に共感し、一緒に挑戦できる方
・住民(特に学生)と積極的に交流する意欲のある方
・住民の挑戦を伴走支援できる方
・普通自動車免許(AT限定可)をお持ちの方
・こちらの募集は地域要件を満たす必要があります。
具体的には、三大都市圏内都市地域(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟市、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部)、指定都市(大阪市、名古屋市、京都市、横浜市、神戸市、北九州市、札幌市、川崎市、福岡市、広島市、仙台市、千葉市、さいたま市、静岡市、堺市、浜松市、岡山市、相模原市、熊本市)に現在お住まいの方
※小千谷市在住の方は不可。
※住民票の所在地の確認が必須となります。

 
【応募方法】
・下記応募フォームより必要事項を記入の上お申し込みください。
https://awae.co.jp/careers/
・書類選考→1次面接→最終面接の選考プロセスになります。

 
 

■一緒に働くメンバー

・ローカル・インテグレーター
主に小千谷市のコンサルティングの担当になります。
他の自治体での支援経験も豊富ですので、困った時にいろいろと相談に乗ってくれます。

 

香月 達蔵

入社の経緯
将来「町おこしをする」という夢に向かって歩き続け、気付けば30代。「もっと現場で地域のために働きたい」と思う気持ちが強くなり、自問自答している時期にあわえに巡り合いました。正直、業務内容はよく分かりませんでしたが(笑)、地域のために役立つことをしていることは間違いないことを確信し、気が付いたら妻に相談することなく応募していました。

 

下川 季紗

入社の経緯
複数の商社を経験するなかで、海外出張中、日々楽しそうに働く海外の人と出会う一方、日本に帰ると、自分を含め俯いて元気がない人が多いなと感じていました。そんな中で新しい働き方が地域づくりに貢献できると知り、地方創生の支援をするなら「本社が地方にあり、地域に密着できる企業にしよう!」と決めていました。地域のにぎわいづくりを支援する会社を調べていたところ、代表取締役 吉田の講演に出会い、徳島県の過疎地域に本社を構えるあわえで、自治体や地域住民の方を親身になって支援すべく入社しました。

 

・他拠点のコミュニティマネージャー

宮﨑 香帆(美波町)

入社の経緯
社会人になって、友人たちが大学で学んだことを活かして地方創生に関わり、起業するのを見聞きし、ひそかに羨ましさを感じていました。ある日、ネットサーフィン中に偶然、徳島県のサテライトオフィスプロモーションサイトに辿り着き、あわえを見つけました。事業内容を見て面白そうだと思い、そのまま応募ボタンを押しました。

 

鶴ヶ野 優希(八女市)

入社の経緯
実家が温泉民宿(安楽温泉 鶴乃湯)を営んでおり、その地域が持つ独自の魅力には昔から関心がありました。と同時に、地方にはこんなに素敵な魅力があるのに、過疎化などが進んでいる現状に疑問も感じていました。そんな中、神奈川県川崎市在住の時に、たまたま参加したイベントに来ていたゲストスピーカーの「地方創生を考える者が、地方に住まないでどうする!」という言葉に感銘を受け、その後すぐに地方拠点を考え始め、愛媛県大洲市の地域おこし協力隊を経験した後に、地域づくりに取り組むあわえの八女オフィスでの募集に出会い応募しました。

 

有吉 稚(古賀市)

入社の経緯
私が食に関わる仕事がしたかったのは、自分自身が料理やお菓子づくりを通じて親子での時間ができ、料理を教わったことで、食やものづくりへの興味が湧いたという体験からでした。そこで食に関われる食品メーカーに勤務しましたが、本当にやりたいことを考えた時に、食に関わることは大好きだけれどあくまで親子の交流を生み出すためのひとつの関わり方であり、子どもも大人も自然豊かな居場所があればもっと気持ち良く、心豊かに暮らせて良い社会になるのではないかと思いました。あわえが掲げている次世代のためのより良い社会づくりが自分のやりたいことと重なっていると思い、自然豊かな地方でのコミュニティづくりに興味を持ち、あわえへの入社を決意しました。

 

・小千谷市役所のご担当者
和田さん

応募者の方へメッセージ
コミュニティマネージャーの方には行政や地域事業者等の業務のICT化や、高校生や地域住民の拠り所の創出に寄与していただきたいです!穏やかな環境と美味しいものが豊富な小千谷市。新たに整備したオフィスを運営しながら、地域の魅力を一緒に発信していきましょう!

 

 

 

みなさまからの熱いご応募、メンバー一同お待ちしております!

ご応募はこちらから:https://awae.co.jp/careers/

ニュース一覧に戻る