お問い合わせ

海陽町

“まち資源”を活かす

海陽町は徳島県最南端に位置する人口約9,400人の町です。町の産業は林業と漁業で大きく栄えましたが、現在は進歩する技術への対応と後継者不足に悩んでいます。一方で、サーフィンをはじめとするマリンスポーツのメッカであり、様々なアクティビティが楽しめる雄大な自然は多くの人々を魅了してやみません。そんな海陽町が目指すのは、進出企業の技術や想いが地域に色を添えていくような町づくり。地域の自然や地場産業など“まち資源”を活かした事業展開を狙い、町と企業、地元の人々が協働して取り組みを進めています。

あわえの提供サービス

Awae’s support

地域おこしのポイント

Key to successful local vitalization

  • 海陽町が属する徳島県南部は「四国の右下」と呼ばれ、その雄大な自然から多くのアウトドア好きの人々を惹きつけています。徳島県が整備した日本屈指のITインフラ網を活かし、自然と地域に寄り添いながらバリバリと仕事をこなす若者の姿はこの地域の新しい風景になっています。「仕事」も「遊び」も全力で楽しむ。そんな新しい働き方を求めて、多くのSO企業、移住者が海陽町をはじめとした四国の右下に集まっています。

町ウェブサイト