お問い合わせ

日和佐エリアリノベーションプロジェクト第2弾

あわえ、美波町での就業・生活を短期体験できる施設を開設
~更なるサテライトオフィス・移住者誘致を促進すべく~

地域活性に係る各種プロデュース事業を展開する株式会社あわえ(本社:徳島県海部郡美波町、代表取締役 吉田基晴、以下あわえ)は、美波町へのサテライトオフィス・移住者誘致を促進すべく、美波町での就業や生活を短期体験できる施設として、「Work and Play+ 戎邸(ワーク アンド プレイ プラス えびすてい)」(以下戎邸)を2015年7月21日に開設いたします。(http://ebisu-tei.com)
なお同施設は築80年の古民家(個人宅)をリノベーション(改装)したものであり、「日和佐エリアリノベーションプロジェクト」の第2弾となります。

主旨

美波町は豊かな自然環境、四国遍路に育まれた接待文化、および高速ブロードバンド環境を打ち出して、都市圏のベンチャー企業等のサテライトオフィスの誘致を進めており、現在計9社が美波町へ進出しています。またサテライトオフィスをきっかけに近年美波町への移住者や交流者が増加し、2014年には美波町初(※)となる6名の社会増(転入超過)を達成いたしました。※2006年に日和佐町と由岐町が合併して誕生
そこでこの流れを一過性で終わらせずに持続・加速させるべく、美波町へのサテライトオフィスの開設を検討する企業や個人事業主などに対して、まずはサテライトオフィスでの就業や地域での生活、地域住民との交流などを短期体験してもらうことで、進出に向けた意思決定を後押しすることを目的に「戎邸」を開設するに至りました。
なお美波町は若年層の人口流出や高齢化などに伴って、空き家問題が顕在化しています。そこであわえでは無作為に空き家単体で対処するのではなく、重点地区(日和佐浦)を選定して、その地区のメインストリート(線)上に計画的に遊休不動産をリノベーションしていきながら人の往来を増やし、そしてその活気を地区全体(面)へと波及させるべく、2014年から「日和佐エリアリノベーションプロジェクト」を進めており、今回の「戎邸」は同プロジェクトの第2弾となります。
今後あわえでは「戎邸」を起点にしながら、美波町へのサテライトオフィス・移住者誘致事業を促進するとともに、進出決定企業に対してプロジェクト対象地区でのオフィス開設や社員居住も促していくことで、同地区の再生・振興を図っていく計画です。

施設概要

名称:「戎邸(えびすてい)」
敷地面積:112.27㎡
構造:木造二階建て
1F / コミュニティ・スペース/ワーク・スペース/ キッチン
2F / リラックス・スペース

料金

■サテライトオフィス施設料
基本料金(2日):¥30,000
1日追加料:¥5,000
利用可能人数:6名
■住民利用料金
基本料金(1日):¥3,000
お1人追加金:¥500
利用可能人数:20名

設計・デザイン:株式会社カワグチテイ建築計画
施工:鳥澤工務店
工期:2015年3月13日~2015年5月31日


コミュニティースペースにてテレビ会議をしている様子


ワークスペースにはモニターを完備

お知らせ一覧に戻る