お問い合わせ

日本教育新聞|2地域居住加速「デュアルスクール」都内の児童が短期転校

地方と都市の二つの学校を行き来して、多様な価値観などを身に付けてもらおうと、徳島県教委が取り組む「デュアルスクール」。2地域居住を加速することも狙いに「新しい学校のかたち」を模索している。これまで県内の美波町、海陽町で実証事業を実施してきたが、吉野川市立知恵島小学校でも今月13日までを就学期間とする「デュアルスクール」に取り組んでいる。
対象は都内在住の女子児童(保護者も都内在住)。教育委員会間で協議し、知恵島小への転校が承認(区域外就学制度)されている。都内の小学校との連絡業務、学習進度の調整のため、知恵島小には「デュアルスクール派遣講師」を配置した。
(写真は徳島県が都内で開いた移住促進イベントの模様)

https://www.kyoiku-press.com/post-207099/

お知らせ一覧に戻る